コイシくんとコイシちゃん
ジョン・レノンとオノ・ヨーコ

オノ・ヨーコQ&Aを検索

  • ジョン・レノン スーパー・ライブ
  • チケット発売情報

サポーターを募集

学校建設のほか、学校の備品や教材の購入を支援するために、みなさんからのドネーションを受け付けを開始する予定です。

サポーター募集

オノ・ヨーコからのメッセージ

健康

子どもを産んで、あんまり大変な仕事量になって、後悔している人もいます。あなたは子どもが産めないので、そのことばかり考えて、みじめな気持で暮らしているのでしょう。今科学がどんどん発達してきて、いろいろな方法で誰でも子どもが作れるようになってきました。本当に子どもが産めないのがみじめであるのでしたら、そういう方法のリサーチをしたらいかがでしょう。ヨーコ

2013年5月1日

それは大変ですね。遺伝の問題もありますから、今から気をつけて、自分もそうならないように努力するべきです。あなたの愛しているご祖母は、今まで知らなかった新しい友だちとして受け入れるよりほかしょうがないと思います。ヨーコ

2013年3月20日

あんまりこれはという健康法はやっていません。ただ、自分のできる限りの「与え」をやっているだけです。ヨーコ

2013年3月11日

自分の健康です。健康でなければ人の世話をするどころか、みんなの世話になってしまいます。ヨーコ

2013年2月25日

これは神様からもらった試練だと解ったそのときから、試練は試練でなくなると思います。重い病気も少しずついいほうに向かうと思います。ヨーコ

2013年1月22日

自分の身体に本当に悪いということが解らなければ止められません。ヨーコ

2012年11月2日

あなたが看護するか、誰かあなたの代わりに看護してもらう人を見つけるかのふたつしか道はありません。大変ですね。今、科学が発達しだして、たいがいの病気は克服できるようになりました。老人病もそのひとつです。だから、それによってあなたの父親がまた、自分の事を自分でできるようになるか、同じ状態で生活しているグループの人たちと一緒に生活するようになるか、そうゆう日もくるかもしれません。そうしたらあなたの責任も軽くなるでしょう。その日を待ちましょう。ヨーコ

2012年4月2日

働くのが生きがいなのでしょうから、あんまり口出しをしないほうがよいでしょう。ヨーコ

2012年3月12日

病院に行かないと決めているご両親は、案外立派な判断をしているのかもしれません。近頃の病院はあんまり信用できないようですし、果ては病院に行ったため、何か悪いばい菌をもらって帰ってきてしまったというような例がたくさんあります。あんまり心配しないで、愛の目で見守っていてあげてください。ヨーコ

2012年1月23日

私は一生懸命、毎日ベストを尽くそうとしています。身体は精神の結果が表れたものですから、なるたけ精神をクリーニングすることが大事でしょう。ヨーコ

2011年12月26日

30分でもよいから、お散歩をしてください。外の空気を吸うだけでも、とっても身体のためになります。それから、お腹がすいてなければ食べないことです。なんとなく、口寂しいとか、社交のためにちょっと食べなければなぞと思って食べる度に、いらない脂肪があなたのお腹についてしまいます。でも、そういう時もあるわけです。この社会に住んでいる人間ですからね。そういう時は、楽しんで食べてください。自己嫌悪に陥ったりしないこと。「やっちゃった」と笑って、次の日に調節しましょう。なるたけ、楽な気持ちで人生を送らないと、顔に嫌な感じが出てきてしまいます。いやな感じがする人なぞ魅力的とはいえません。ちょっと太ってても、楽しそうな人の方が全然魅力的です。ヨーコ

2011年11月15日

自分の身体がそのとき欲しているものを食べるようにしています。体が甘いものを欲しているときもあるのです。甘いものがいけないというのは、食べすぎるからです。ひと口ふた口食べれば体はそれで満足するのに、そこでやめないから体の調子が悪くなるのです。体の知恵に頼りましょう。ヨーコ

2011年8月22日

自分から「不」の付かないことをしてください。どんどんしましょう。そうすると不思議にあなたの中の不健康さも、周りの不健康さも変わっていきます。ヨーコ

2010年9月21日

人間の脳はとっても独立しているのです。それで、手が動かなくなった人が、脳の考え次第で動くようになったりしています。あなたも知っていると思いますが、人間は世界情勢を脳の考え次第で、変えていっていることもあるのです。脳力、万歳!ヨーコ

2010年8月16日

身体が疲れていて、動けないくらいのときでも、自分の身体に合わせてゆっくりでよいですから外を歩くと、その後すぐ眠くなって寝てしまうかもしれませんが、歩くのがいちばん身体によいのです。昔、老体のおばあさんを助けながら、富士山に登る家族がよくありました。私も別に身体が悪かったわけではないけれど、富士山には登りました。富士山に登れといっているのではないけれど。歩くということが、どんなに身体によいかということは知っているのでお勧めします。私の知っているイギリス人が、腎臓と肝臓を悪くしていたので、毎日どこへ行くのも乗り物を使わないで、ニューヨークの端から端まで歩いていただけで、腎臓も肝臓も治りました。その回復の早さは、人にもよるでしょうけれど…。ヨーコ

2010年4月30日

気持ちの持ちようが、いちばん身体に影響します。ウォーキングをしょっちゅうするようにしてます。ランニングより、ウォーキングのほうが身体によいと言われています。ヨーコ

2010年4月16日

その次ではなくて、同時に、自分の一部一部を積極的に愛し、自分に対して表現すること。「あたしの目とっても好き」、「ぼくの足とっても好きだ」、「よく頑張ってくれてありがとう」というように、自然に言える愛の言葉を言いましょう。ヨーコ

2010年1月25日

身体は精神の表れですから、自分の環境が自分の精神に合っていれば、いつも健康でいられると思います。少し太りすぎても、痩せすぎても、あんまり気にしないで一生懸命仕事に励んでいると、身体が自然に元の姿に変わってくれます。私もパフォーマンスの前に、急いで痩せ薬をとったことがありますが、ひどい頭痛がしただけで痩せたりはしませんでした。やっぱり、精神とその環境の改善をしなくては始まらないとそのとき思いました。ヨーコ

2010年1月9日
  • facebook
  • twitter
  • youtube
  • RSS
  • flicker
  • myspace
  • アメーバ
  • blogger
  • タンブラー
  • google+