あなたは聴いていなかったかもしれないけれど、聴いていた人もたくさんいると思います。自分がどうだったかという狭い考えから、未来の人たちが、どのくらいあなたの記録に興味を持ってくれるかなぞと考えないで、未来の人類のために記録を書いてください。たくさんの人が読むと思います。ヨーコ

2011年5月3日