服はただ身体を隠すためだけではなく、冬は、寒いから風邪を引きたくなかったら服を着たほうがよいでしょうし、夏は、身体じゅう日焼けしたりしたくなかったら、やっぱり服を着たほうがよいでしょう。それと、ケンカをふっかけられたら、やはり服があなたの身体を守ってくれるでしょう。それから、自分の好きな色のかっこよい服を着たらなんだかとってもうれしくなるでしょう。平和のためには、あなたが苦しい思いをするのがよいのではありません。楽しい思いをするようななりをしてください。平和は、怒っている人たちが実現するのではなく、人生を楽しく思っている人たちが実現するのです。ヨーコ

2011年5月30日